[老化とは感覚が鈍ること]ノルディックウォーキングで感覚受容器を磨く

[老化とは感覚が鈍ること]ヒトが自分のカラダを自由に動かすことができるのは骨、関節、筋肉、神経で構成される《運動器》の働きによります。当たり前のことですがどれかひとつのパーツでも調子が悪くなれば身体はうまく動きませんよね。膝痛、股関節痛、腰痛、肩や首周りの痛み…年を取ると皆、長年のツケが溜まり?大なり小なり運動器に不具合を抱えて生きていかねばなりません。ロコモティブシンドローム(略ロコモ)は筋肉、骨、...

成田空港に泊まる~初体験記

先週所用で東京へ。LCCを使い新千歳空港~成田空港を弾丸往復。帰りの便が6時発なのでホテル泊はあまりにもったいない…で、成田空港に泊まることに。初体験 ^-^)ノ下調べを念入りに入りに行い…成田空港に第3ターミナルが増設されたので、第2ターミナルの元LCCカウンターのあった場所に「北ウェイティングフロアー」が新設されたとの情報。東京駅前の京成バス乗り場から午後9時発の東京シャトルバスに乗りいざ、成田へ。第2ターミ...

なぜ運動やトレーニングが大事か…整形外科医島田永和先生

月刊スポーツメディスン179号の中で島田永和先生(整形外科医大阪・島田病院)が高齢者の運動器の疾患、痛みについておもしろい表現をされていました。「…ほおっておくと体力は落ちていきますよ。(動いてなんぼの※角幡)人間には常にカラダにかかる負荷があり、低下していく体力とその「負荷」が交差し、体力が負荷より下がれば当然「痛み」がでてくる。対策は2通り。負担を減らすか(=動かないか)負担に耐えるカラダをつくって...

アトムjr満2歳になりました

帯広畜産大の盲導犬研究室で生まれ、 生後6ヶ月で富良野の我が家に養子に迎えたアトムjrが2歳になりました。 研究室の犬舎育ちで 幼児期の大事な時期に人間生活を知らず 手のかかる「仔犬の躾」も十分とは言えない環境で育ったので少し手がかかりましたが、、 停留睾丸の手術したくらいで大病をすることなく、 お陰様ですくすく元気に育ちました。 ↓犬舎にて初めての出会い。担当の先生↓譲渡手続きしている私の足元になぜか大人し...

子どもの食事作法は最初の「学び」~姿勢を整えることが大事な理由

子育てで一番根気が必要なのは、食事のマナーかもしれませんね。食べ物を取り、口に持っていき、こぼさずきれいに、食べる。お箸やスプーンを正しく使う。「食べ方」「姿勢」「食べること」は「生きること」なので、常についてまわります。一緒に生活をしているわけではありませんが、子育て奮戦中の娘と孫を観ていて「食事の躾」は根気との勝負だとしみじみ思います。何を食べるか…子どもの「好き嫌い」や、「小食/多食」、「食物...

榎本武揚、函館戦争その後~知らなかった…

清水山裾野のブドウ畑榎本武揚、箱館戦争その後知らなかったぁ。榎本武揚は戊辰戦争の後、新政府軍と闘い「箱館戦争」で亡くなったとばかり思い込んでいた。歴史の教科書には官軍に負けた敗軍の将のその後について書いていなかった?ような気がする。1月9日付の朝日新聞「北の文化」黒瀧秀久氏著(東京農大生物産業部長)に興味深いエッセーが掲載されていました。江戸幕府旗本出身の榎本武揚は、10代の若さで蝦夷地探検に加わ...

ウィンターブルー(冬季うつ病)の予防は光を浴びること!

冬季うつ病のことを【ウィンターブルー】と呼ぶそうです。予防は光を浴びること!「日照時間と心の気分」の切っても切れない深い関係について・・・がテーマです。北欧のような、冬の日照時間の短い国では10月から11月にかけて「冬季うつ病」にかかるかかる人が多いらしい。随分昔のことになりますが、12月の冬至の頃にイギリス国内を北上し、スコットランドのエディンバラを目指して旅したことがあります。(おばさんバックパッカ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。