港町、オホーツク紋別港

先日、オホーツク沿岸の紋別に仕事で行きました。紋別は漁業の街。早朝、独りノルディックウォーキングで港を散策中桟橋はカモメの声に交じって車が行き交い、喧噪が漂っている…??初めて見る、サケ漁の水揚げ…中の様子…でした。トラックに鮭を次々と、無造作にほおり込んでいる!その量たるや…半端ではない!!「この鮭たちはどこへ行くのですか?」 と思わず質問。「水産加工場へ運んで行くんだよ」と、ダンプの運転手さん。?...

洞爺湖ジオパーク

恥ずかしながら、「ジオパーク」の意味を知りませんでした。洞爺湖ビジターセンター火山科学館を訪れるまで…↑人家のすぐそばで火山の大爆発(当時)↓あまり高くない標高の普通の生活道路から見える有珠山西山火口(現在)さながら【大地のため息】ですなぁ…)ジオパークとはジオgeo=地球、大地と、パーク=公園 をくっつけた造語。科学的に貴重で、美しい地質遺産を複数含む「大地を楽しむ公園」・自然公園という意味。手つか...

洞爺湖にて

金曜日、七飯町での講演会を終え、一路、洞爺湖畔の洞爺温泉病院へ。洞爺湖を見渡せる素晴らしい環境の病院!軽い気持ちでポールのお届けに行ったつもりが診療時間の終わった患者さんのいないリハビリ室でPTやOTの皆さんのノルディックウォーキング体験会となった。ノルディックウォーキングのポールは元気な人だけでなく下肢の関節に障害のある方、リハビリ中の方、虚弱な方などさまざまな人に活用できる可能性を秘めている。...

おばさん、「馬に乗る」の巻

馬に乗りました。ほんの短い時間ですが…。一度は乗ってみたかった…。道産子のマック号と。上士幌町でのノルディックウォーキング講習会の帰り道 トイレに寄った道の駅⇒ ん?何?馬がいる! 乗馬体験?安い! (*^_^*)  …町営だった…馬を引いたおじさんに聞いたら ↑この建物の中で受け付けている、とチャンス!乗る。乗りたい。(笑)わかったこと。「馬は骨盤で乗る!」内腿、内転筋も使う。ものすごく揺れる。慣れると骨盤の...

登別第一滝本イン

登別第一滝本インの内湯は、登別温泉でもここだけの源泉からお湯を引いている。ニセコの五色温泉に似ている。花粉症やアトピーに効きそう。ちなみに帰省中の娘は白樺花粉症なのだが道外に出たら見事にスギ花粉症に…。夏場と違ってそれほど今は皮膚が傷ついていないが彼女は五色温泉のお湯が肌に非常に合うので前から一度、登別滝本インの温泉に浸からせてやりたかった。とても迷ったが予定を遂行。二人で登別温泉へ。伊達から日赤...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。