北国の農家の主婦の楽しみ

久し振りに作ったヒジキ・舞茸・シーチキン入りサラダスパゲティ。スライスした玉ねぎとキウリもたっぷり入れてます。隠し味はスダチ胡椒。味付けは塩とブラックペッパー&マヨネーズも少々、ごくシンプルに…。昨日は中富良野町の食生活改善普及推進委員会の例会に呼ばれノルディックウォーキングの指導。栄養と運動(休養も)は健康の要ですから栄養だけでなく運動もしましょう…ということでノルディックウォーキングをテーマに取...

秋まき小麦の収穫

富良野~美瑛間の丘陵地帯では秋まき小麦の収穫が始まっている。機械であっと言う間に、一気に刈り取っていく…。輸入が断然多いとは思うけれど冷涼な北海道は小麦の産地。広がる大地の緑色の中に麦畑のベージュ色が見事なパッチワークのアクセントになっている。江別製粉の「春よこい」など価格は高めだけど自家製パンを焼く人に評判のよいブランドもある。美瑛でも独自のブランドで小麦を生産している。米に小麦にソバ。葉物に根...

カラマツの黄葉ピーク

北海道に戻ったら、カラマツの黄葉がピークを迎えている…。この木の葉が落ちたらいよいよ冬将軍の出番。今日の富良野は寒い。雨交じりの風が吹いている。アーちゃん、散歩できませんねぇ…。【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す...

夕暮れの深山峠と「あ・き・こ」

昨日の旭川からの帰り道、美瑛と上富良野の境に横たわる深山峠にて雲間に隠れているが正面は大雪・十勝岳連峰の山並みが広がっている。この季節、丘のパッチワークの枯れ葉色の中にあって、所どころが鮮やかな緑色に四角く区切られている。初々しい若草色の緑の正体は、秋まき小麦の新芽の色。「あ・き・こ」と地元の人は呼ぶ。雪虫が飛び交い始めたので、もう間もなく「あ・き・こ」は雪の布団の下になって春を待つ。それにしても...

玉ネギ収穫の季節

知る人ぞ知る、富良野地方は美味しい玉ネギの一大産地です。収穫の季節を迎え、天気の良い日は早朝から夜遅くまで玉ネギ農家は大忙し。↓茎を切られ、掘り起こされ、しっかり乾燥。収穫を待つ玉ネギくんたち※クリックで拡大してご覧ください!生産組合ごとにコンテナに積まれて集められ、玉ネギ倉庫に保管。市場をにらみつつ一年にわたって調整しながら少しずつ出荷していきます。自動選別機で玉の大きさをわけて収穫していくのだが...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。