駆ける!春の歓び…①

今朝の富良野、雲ひとつない快晴犬の息子と朝食前のノルディックウォーキング中五条大橋で、富良野高校野球部の練習に遭遇。緩い下り坂での50Mダッシュを繰り返していた。汚れていない真っ白なウエアに身を包んだ球児たち。グランドはまだグチャグチャで、満足に走りまわれないけれど雪が融けた歩道なら駆けられるものね。水泳の教え子の姿も…。篤ちゃんがんばれぇ~!どの顔も久し振りの全力疾走で輝いている。(*^_^*) 【富良...

空を飛ぶ

昨日の朝、犬の息子とノルディックウォーキングをしようと外に出たら「ブ~ォ~~ン」と聞きなれない音がする。あたりを見回したが何も変わらず…車や除雪車の音にしては静か。しかし機械音であることは確か…。少し歩いてふと空を見上げると↑ゆっくりパラグライダーが近づいてきた。富良野の街を空中散歩。危険と極上の爽快感は紙一重。※画像はクリックで拡大できます 【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくだ...

杖じゃないってば。杖でもいいけどね(笑)

朝から老人福祉センターへ。富良野老人連合会(老連)の会長会議の席にお時間を少々いただけたることになったので、富良野保健所さんと一緒にノルディックウォーキングの説明にあがる。百聞は一見に如かず、でポールに触っていただくことにしたが「いやぁ~、こんなもん持って歩いたら、杖ついてるって思われるものな」会議室に入ってくるなり一人の方が…。(苦笑)ノルディックウォーキングをする人が随分増えてきた…と思われる富良...

歩き方を忘れてしまった?!

道の雪が融けて、紐の夏靴でノルディックウォーキングしている。5ヶ月間 雪道や凍り道をややルーズな長靴やロングブーツで歩きまわっていたのが紐靴に変えたら、脛がやけに痛い!(苦笑)しっかり締めあげた夏用の紐靴はフィット感があって無意識のうちにもつま先がしっかり上がる踵着地歩行。北海道の冬道歩きは『踵着地』がなかなか困難だ。転倒しやすいので摩擦係数を高くしてどうしても足裏全体で上から踏みつけるように歩く…...

人間の姉と犬の弟

JR富良野駅にて春休みを終えて富良野を離れる人間の姉と犬の弟。この姉さんは、弟を甘やかさない、なかなか厳しい姉さんです。「躾が大事!甘やかしすぎよ!」と人間の両親は説教を食らっています。(苦笑)一人息子には、つい、ね…。ヽ(´▽`)ノ 今朝、風は冷たかったがよいお天気。久し振りにノルディックウォーキング土曜例会出席。歩道はすっかり雪が融けてアスファルト路面。おしゃべりしながら歩くと一時間はあっという間。【富良...

元気な疎開っ子

千葉からママと一緒に疎開しに富良野に帰ってきた水泳の教え子の子ども達。千葉とはいえ3月11日の揺れはそうとうだったらしい。ばらばらだった家族の再会時の様子、通っているスイミングスクールのプールにヒビが入って漏水再開のめどが立たないこと、スーパーから品物がなくなるなど、生々しい話を聞いた。入学式を控えているので何としても帰りたいがここにきて汚染水の話…悩みが深いようだ。※画像はクリックで拡大できます【...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。