マラソンメダリストは「ウォーキングで脚をつくる」by有森裕子さんの記事

マラソンランナーの有森裕子さんが、楽しく長く走り続けるためのコツについて日経のGooday4/20で語っていました。マラソンメダリストは「ウオーキングで脚をつくる」走る人も、基本はまず「歩くこと」から、と。走り始めにこそ、「歩くことを」一番大切にしたい、と。ノルディックウォーキングやウォーキングを楽しむ方にも、とても関連が深い内容なのでご紹介したいと思います。・・・・以下 抜粋です お気に入りのシューズやウ...

フットケアしましょう!いくつになっても楽しく歩き続けていくために…その②

いくつになっても「自分の足で」楽しく歩き続けたいですよね?!足のお手入れ=フットケア その②です。毎度おなじみ「水虫」。白癬菌は汗と垢が大好物…。爪の水虫は治りづらいです。しょっちゅうタコやウオノメができる方。高齢の方に多い「まき爪」。幼少のころから爪を深く切りすぎたせいで「まき爪」となり、肉に爪が食い込み、歩くと痛い…。外反母趾がひどくなると親指が完全に浮いて「重なり指」となり、満足に5本で立つこと...

毎日の足のお手入れ「フットケア」してますか?…楽しく歩き続けるためにその①

皆さん、「足のお手入れ」なさっていますか?足の裏の面積は、ほんのわずかですがカラダの全体重を支えている土台の部分です。外反母趾(変形)、ウオノメ、タコ、靴ずれ、水虫……etc.…実は誰もが抱えている密かなお悩みマーケット。足の裏にトラブルを抱えると靴が履き辛くなり、痛みで靴が履けなくなると…歩くのが嫌になり、移動が困難になり、カラダを動かすことが億劫になって運動不足になり、生活習慣病の数値がどんどん悪化し...

飼い犬の性格を見極めるには…

飼い犬の性格を見極めるには…フリーにしたときにどのような行動をとるか…がポイントのようです。前のパパアトムは、札幌の盲導犬協会での寄宿舎暮らしが長かったので他の犬に対しては全くストレスフリー。興奮することなく常に威風堂々。が、放すと(もちろん誰もいないタイミングの時と場所を選んでのことですが)飼い主の足元を見るように距離を保ちつつどんどん離れて好き勝手に行動。なかなか戻ってこない、肝っ玉のでかい、悪...

栄養満点今が旬!「ニラ」のおいしい食べ方は…

ニラはどうも苦手という人結構いらっしゃいますね。私も数年前まで苦手でした。だって、炒めると、紙を噛んでいるみたいにスカスカで味気なく、水にさらしてアクを抜いて絞って・・・なんてめんどくさく、みそ汁に入れても、なんだかねぇ~~・・・ずっと敬遠していたのです。でも、プチ糖質制限ダイエットに取り組み始め野菜とタンパク質を重視した食事に変えたので野菜をたっぷり摂らねばならず・・・ニラも朝の食卓のレギュラー...

あなたの腕はどこからついている?近頃の子どもたちの肩まわり(肩甲帯)かたいの巻

みなさんに質問です。【あなたの腕はどこからついていると思いますか?】  ※答えは最後に私の教えている子供たちの水泳スクール(少年団)の新年度の活動が始まりました。以前から気になっていたのですが近頃の子供たちの 「上半身、肩まわりがかたい」 ことです。4、5歳の幼子たちですら、生まれてまだ数年しかたっていないので本来ならば肩関節は柔らかいと思われるのにかたいのです。データをとっているわけではありませんが...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。