[老化とは感覚が鈍ること]ノルディックウォーキングで感覚受容器を磨く

[老化とは感覚が鈍ること]ヒトが自分のカラダを自由に動かすことができるのは骨、関節、筋肉、神経で構成される《運動器》の働きによります。当たり前のことですがどれかひとつのパーツでも調子が悪くなれば身体はうまく動きませんよね。膝痛、股関節痛、腰痛、肩や首周りの痛み…年を取ると皆、長年のツケが溜まり?大なり小なり運動器に不具合を抱えて生きていかねばなりません。ロコモティブシンドローム(略ロコモ)は筋肉、骨、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。