NWご質問のお答え 追加

F1001916.jpg

昨日NWについてのコメントをいただいた
関西の理学療法士 國津 秀治さんからの質問のお返事を書いたところ
北海道の伊達市で身体均整師をなさっている
PT(理学療法士)の島川さんから丁寧なコメントをいただきましたのでご紹介します。
島川さんは、「均整きぃとす」「伊達市動作介助を考える会」も主宰しておられます。

【NW導入で気にした方が良いことについて】
いつもお世話になっています。
このお話しは関節疾患を専門としている清水先生に登場していただきたいですね(笑)
先生はこちらのブログは遊びにこられていないのでしょうか。

さて、私からも一言(同じPTですし)
下肢の変形性関節症の方にNWは非常に有効な手段です。
関節にかかる負担を軽減しながらも、杖や歩行器などの他の歩行支援用具と異なり元の自然なパターンに近い歩容(=歩き姿勢)が得られます。
支持基底面が広がることにより安定性も増しますし、ポールをつくことにより適度なリズムも得られます。

あとみんさんがお話しをされていた
「主観的運動強度(RPE)は上がりづらい」
「運動強度は上がっているのに本人はあまり「疲れた」感じがしない。楽に感じてしまう…。」
ということについてですが、

楽に歩けるのでついつい時間や距離の面で無理をしてしまうことは多いですね。

清水先生のところで外来リハビリでNWを行っているPTの先生も、NWのデメリットというか注意点として、
「心疾患など循環器疾患のある方や糖尿病などの代謝障害のある方の場合、
運動量のコントロールが難しく要注意=高負荷になりやすく危険」

ということをあげていました。
つまり、あまりにも快適に歩けるので無理をしてかえって身体を壊してしまう危険があるということですね。
これは私も同感です。十分注意を払った方が良いと思います。

その他としては、関節症のリハビリとして使う場合、ポールをつくことでそれまでできなくなっていた領域まで可動域が伸ばされていることがありますので、そういった点でも過負荷になっていないかを側にいるPTがきちんとチェックをして徐々にならしていってもらえればより安全かと思います。

参考になれば幸いです。
(國津先生 その節はコメントで失礼いたしました^^;;)
*******************************************
島川さま 有難うございました!

写真は本文とまったく関係ありません。すみません、オマケです(笑)


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif Twitter
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。