ほのぼの(*^_^*)子ども下の句カルタ大会

朝のノルディックウォーキングの途中
富良野市文化会館(中央公民館)の中に子どもたちが入っていく。

「今日何かあるの?」

「カルタ大会!」

北海道は下の句カルタ。(紙ではなく、厚さ6~7mmの木札です)
上の句を読まず、下の句だけを読み上げ取り合う。

興味しんしんのおばさんはのぞいてみました ^-^)ノ

カルタ会

そういえば

子どもの頃は、お正月といえば親戚が集まり
従兄弟たちと花札をしたり、百人一首で坊主めくりをしたり
すごろくをしたり、トランプで七並べや神経衰弱をして遊んだ。
ときには大人も交えて紅白に分かれワイワイと百人一首を楽しんだものだ。

いつからこういうアナログチックな遊びをしなくなったのだろう…。

お正月というと「おせち」が話題に上るが
むしろ
ゆったりまったりと交わって【遊ぶ】、時間や空間の消失の行方が気がかりだ。

どこに行っちゃったんだろう…??


追記
深川のfukamaruさんより拍手コメントを戴きましたのでご紹介します

「みかんの入っていた木箱の木を使い鉈で切り出した羽子板を使い近所の子ども
達とワイワイ楽しく遊びましたよ。

番傘の骨を使い凧を作り兄弟で凧
上げ!今では見られない懐かしい語りぐさ!」


そう!思い出した!

羽つきもしました。
ひ~…ふ~…み~…よぉ~…って数えて…。

男の子たちと凧上げもしました。寒さに震えながら…(*^_^*)


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 懐かしいです:林 様へ

コメント有難うございます。
私たち日本人は何か大事な忘れ物をしているような気がします。


> 私が小学生の頃、必修クラブに百人一首クラブっていうのがあり、何気なく入ったのですが、当然、全く知らないのでダメで初回1枚しかとれず悔しく思い、必死に覚えました。
> 結局、はまり必修クラブは、小学4年~小学6年まで、百人一首クラブに在籍していました。

懐かしいです。

私が小学生の頃、必修クラブに百人一首クラブっていうのがあり、何気なく入ったのですが、当然、全く知らないのでダメで初回1枚しかとれず悔しく思い、必死に覚えました。
結局、はまり必修クラブは、小学4年~小学6年まで、百人一首クラブに在籍していました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。