エミリー・ワトソンに久しぶりに会いに行きました。

2012073113280000.jpg

渋めのイギリス人の俳優がお気に入りです。

オレンジと太陽」に出演しているエミリー・ワトソンに久しぶりに札幌キノシアターまで会いに出かけました。

プチ、夏休み(笑)


翌日は、
9月のノルディックウォーキング北海道フォーラムのNW大会会場となる
道立野幌森林公園へ、コースの下見。

ここをよく散策している江別のNW仲間のご主人に付き合っていただきました。

2012_07290009.jpg

記念塔の周囲は広々していますが

後は広大な2000ヘクタールの森林の中の道。
自然がいっぱい!

暑いけれど森の中はとても涼しかった!


大都会のすぐ近くに豊かな自然が保持されている北海道民の貴重な森なのです。

9月のイベントではここを歩きます。

いろいろなコースがあるのでまずは歩いて確認。

22日に続いて2度目の下見。

北海道開拓を記念して建てられたこの記念塔は、
中の階段を上ることができ
8階には展望フロアーとなっています。

見晴らしよさそう! ^-^)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画「オレンジと太陽」はとても重いテーマでした。(-o-;)
引きずってしまった(苦笑)

オレンジと太陽


様々な事情で養護施設に預けられていた3歳からのイギリスの子どもたちを
イギリスの旧植民地であるオーストラりアやカナダなどに
国策として隠密のうちに強制輸送、移住させた…。

その数 13万人。

親や保護してくれる施設から切り離され、
その多くは半ば奴隷のような形で貴重な[白人の労力源]として扱われ、
悲惨な生活を強いられたという。

ソーシャルワーカーで偶然この事実を知ったマーガレット・ハンフリーズの実話。

検索→ 「児童移民トラスト

オレンジと太陽の「コラム」の中に詳しい
オレンジと太陽の「コラム」

階級社会といわれるイギリスの「負の遺産」。

でも、
うやむやにせず真実を明らかにしよう、するべきだ、という
負に立ち向かう行動力と勇気のある市民も多いのがイギリス。



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。