『熱気球イカロス5号』

IMG_1007_20130228225937.jpg

エジプトでの熱気球の痛ましい事故が報道された。

熱気球と聞くと20歳すぎの頃に読んだ「熱気球イカロス5号」を思い出す。
梅棹忠夫さんの息子の梅棹エリオさんが書いた本。

熱気球に魅せられ、熱気球に乗ってみたい…
その一途な夢の実現に向けて、京都在住の、ひとりの高校生が独学で情報を集め
仲間の力を借りて試行錯誤を繰り返しながら熱気球を造り、夢を実現していく。
勉強は一時停止。高校はもちろん単位不足で留年。
熱い青春ノンフィクションの記録です。

やり遂げた本人もすごいけれど、見守っている親もすごい器だなぁと感心していたら

文化人類学者の梅棹先生だった。

1年や2年、回り道しても長い人生においては些末なこと。
それより自ら考え、決断、実行し、
責任を持って前に突き進むことにこそ人生の意義がある。

こんな生き方もありなのだ!と、妙に納得した記憶が鮮明だ。


その、国内初の熱気球を飛ばしたのが北海道。洞爺湖の周辺でした。

※写真は洞爺湖のお膝元、冬の伊達界隈。
北海道ノルネットのNW仲間の医師、清水先生から送っていただいた写真です。

写真の通り、電線がないので熱気球を飛ばすにはふさわしい環境なのでした。↓

ちなみに、上の写真は冬道、下は夏道をノルディックウォーキング中。

熱気球でなくても、ノルディックウォーキングで歩いてみたくなりませんか?!(*^_^*)

IMG_2635_20130228231612.jpg

今朝2/28の北海道新聞のコラム「卓上四季」にもこの本のことが載っていました。

書いた記者さんはきっと年が近いかも、ね???(笑)



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。