足の裏に聞け!平沢弥一郎博士

fc2ブログの調子が悪く、なかなか更新がかないませんでした。m(_ _)m

富良野は雪融けが進んできましたが
まだ庭にも土手にもたっぷり雪が残っています。

201304011.jpg

以前から気になっていて、読みたいと思っていた
足の裏の博士 平沢弥一郎先生の著書

「足の裏は語る」(筑摩書房 絶版になっています)を
ようやく手に入れ読みました。

足の裏は身体の表面の面積のごくわずかですが
そのわずかな面積に乗っかって、
重力に逆らい立って動き回っている私たち…。

足の裏に着目してひたすら研究を続けられた平沢先生は
足の裏を測定する【ピドスコープ】の開発も含め、
45年の研究生活で、新生児から114歳の老人まで外国人も含め
延べ約40万人のヒトの足の裏を覗いたと。
その執念やいかばかり。

20130325.jpg

なぜ足の裏に興味を持ったのか、を始め
人生の様々なエピソード、体験を織り交ぜながらの内容は
思わず、ほろりとしたり、にんまりしたり…。

曰く
「足の裏はその人の行動の一切を物語っている」=足の裏はウソをつかない、と。

「足の裏から、その人のからだの移り変わりの歴史、あるいはその人が
今どんな基盤の上に、またどのような「立ち構え」(身構えと気構え)をして
生きているか」が見える とおっしゃる。

「足の裏は第一の顔」
「現代人の立ち構え」
「古代人の足の裏」
「足の裏の研究史」
「足の裏から見た健康と寿命」

201303312.jpg

特に現代人の立ち構えの章では
足の裏から見た排泄考現学が興味深い。

「オシッコをする時
その立ち構えによって、尿量と放尿の角度が異なる」 
フム…???…(笑)

男性のシンボルである
ムスコとタマの納める位置についても興味深い情報を…。 

ちなみに「軍隊では左にもっていけ!」とひそかに??口承されたそうです(笑)

パフォーマンスを上げる時
集中力を高めるときは「左に!」と。

ほんと??

男性って結構不便なんですね!(笑)


そして、
「靴はヒトをつくる」

昨今は、
少しずつ、良心的な靴やさんや情報が増えてきましたが
まだまだ、履物に対する正しい知識が不足していますものね!

今を生きる私たちには欠かせないとても大切なこと!!

歩くことが大好きで、指導もしている私には納得のいくお話し満載です。

201303311.jpg

↑ 富良野市役所前から撮った1枚です

スキー場がちらっと見えています(*^_^*)
空の光は春そのものです。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。