プチ糖質セイゲニストからの報告~《水虫》くんのこと

IMG_4589.jpg
アタクシ、2014年の正月から約1年10ヶ月近く
プチ糖質セイゲニスト』を心がけています。

ときどき、米系のお菓子好きが顔を出し(ビールに柿の種 最高!)

誘惑に負け、糖質制限をお休みしますが、

まだ続行中です。

 
体重は確かに減りました。

もう一つ、自身のカラダの変化は

「足の裏」

長年悩まされていた頑固な水虫君が
おとなしくなったことです。
FullSizeRender_20151022160211fef.jpg

水虫は、真菌 (カビ=白癬菌はくせんきん )で感染します。

調べると…

『白癬菌は人間のあらゆる皮膚の角質層に常在する真菌(カビ)の一種で、全身のほとんどの場所に生息。
人間だけでなく動物にも、いたるところに存在している。

白癬菌感染症の中で群を抜いて多いのが水虫であるため、
別名・水虫菌とも呼ばれる。

白癬菌菌(はくせんきん)がついたからといって、すぐに感染して水虫になるわけではないが、
“つく”ことの積み重ねと“高温多湿状態”の積み重ねが、水虫になる状況を作るらしい…。

白癬菌はカビの一種であるため、高温多湿な場所を非常に好み、
特に温度15℃以上、湿度70%以上になると増殖力が活発になるそうです。
殖力が活発になると皮膚(角質層)の奥へと侵入していき、さらに増殖してさまざまな症状が。
特に靴の中は湿度が95%にも及ぶため、足に繁殖しやすい…。』と。

実は、この夏、孫たちがひと月以上富良野に帰省。
一緒に楽しく暮らしました。

自称プチ糖質セイゲニストも誘惑に負け、
中断&反省&続行の繰り返し…。

気がつけば体重は増加し

やっぱりなぁ~(苦笑)

しばらくなりをひそめていた「水虫君」が
顔を出し始めました。


《結論》

思うに、糖質の摂り具合と「水虫」の出現は
因果関係があるのではないかと睨んでいます。

頑固な水虫にお悩みの方、
プチでよいので糖質制限をおススメします!

水泳指導の際に足の裏にタッチすることが多いのですが
足の裏が硬く分厚くなっている方は
糖質摂りすぎているのでは??と推察すること多いです。


IMG_4600.jpg

富良野、秋真っ盛り。
楓は散り、シラカバ、イチョウが黄金色に染まっています。

お気に入りのスポット富良野の六花亭。
111月から3月末まで冬休みに入ります。

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。