眼精疲労と股関節と歩くこと

IMG_5195_20160112122529192.jpg
最近、目の疲れをすごく感じるようになりました。
とくにひどいのが夕方から夜。

ドライアイが悪化した…ということももちろんありますが…。

ところが不思議。

ノルディックウォーキングで歩きだすと
ぼんやりしていた目がすぅ~と膜が剥がれるような感じで
スッキリするのです。

これって何??

とくに長時間椅子に座ったまま
パソコンや活字を眺めていた後。

処方してもらったヒアルロン酸3%入りの目薬もさることながら
「歩く」ことがこんなに眼精疲労のリカバリーに貢献しているのかぁ??

自分なりに何度も確認しました。

ほんとうに、「歩く」とスッキリするのです!(笑)

ふむ、
目の神経と股関節は何か関係があるのね、きっと…

で、ちょっと調べてみました。

IMG_5190.jpg

以下webで調べた結果です。

どこまで本当かはわかりませんが…

引用します。

【目の疲れは股関節で改善。
目は股関節と深い関係にあります。】

…うん、確かにあるね、きっと!

【目が疲れやすかったり、酷使しやすい人は、
股関節周りが硬く動きが鈍い人が多い。
なぜなら目の神経が足先まで繋がっていて、
ちょうど真ん中に股関節があるからです。】

…意味不明。よくわからないなぁ…

【目を酷使するような生活は運動不足になりやすい。
=何かを集中して見続ける行為は、
体を動かさず同じ体勢でいる状態が多い。】

…これは納得できる。

【目の酷使は目の疲労だけの問題と考えず、
しっかりとケアをしていきましょう。

しっかり歩こう

股関節の動きを良くする一番の方法は歩く事です。】

すごく納得できる!

ポールを使って歩くので
普通に歩くよりしっかり歩幅を広げて歩くことが可能!

歩幅を広げて歩いても体幹が安定しているので
崩れにくい。

安心感もあり!

股関節周りの筋肉には十分な刺激が入ります!o(^-^)o

ノルディックウォーキングをされる方はきっとお解りいただけますね?!

最後に大事なこと。

【柔軟性を保つ股関節ストレッチ】

【股関節の動きをスムーズにする為に必要なのは、
股関節周りの筋肉の柔軟性です。
普段から柔軟性を保つ事を習慣にするのが一番ですが、
目を酷使した時は股関節周りのストレッチをしてみましょう。】

…これも同感!

そう、
ストレッチの優先順位の第1は何と言っても
股関節周りの柔軟性。

仕事の都合で長時間机に向かっている方、

まず、15分でもしっかり歩幅を広げて歩く!

そして

せめて股関節周りのストレッチングだけは
毎日欠かさないようにやってみませんか!

運動習慣のない方へのおススメは 
真向法の4つの体操ですが

私にはそれでは物足りないので(苦笑)
前後開脚(スプリット) 片足最低2分ずつ行ってます。

とてもすっきりするのです! 

効きます。 (笑)


IMG_5204.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。