回転寿司考  

お気に入りの旭川の回転寿司「とっぴぃ」の写真を載せたついでにひと言追加。
F1000467_20100309001521.jpg(再登場)
久しぶりに行ったら、なんか変…。
ベルトコンベアに運ばれる寿司のお皿のところどころに
小さなガラス瓶が載っており、お皿と一緒に動いている。

ん??何だろう??このガラスの瓶は…
中に細い紙が突っ込んであるが…

店の雰囲気も妙に静かだよなぁ…。????
まっいいか、といつもの調子で頼んでいたら、
ややしばらくしてから

「あのォ…、注文、書いてくださ~~い、ね!」とのたまう。

いつも歌うような調子で注文のやり取りをしていた
アタマのいい元気なお兄さんから注意を受けた。

「???」

そうか、ベルトコンベアの上の小さなガラスの瓶は
客が書いた注文書だった!納得。
システムが変わったのね(苦笑)。

(回転寿司屋にしか行きませんが)
お寿司やの板前さんは握りながらも絶えず客の注文を頭に入れ、
流れるような見事な客さばきにいつも感動していたが
ついに、やらなくなった?やれなくなったのかしらん??

①経営者側の事情?…さばける記憶力のよい人材の確保が難しくなった?
②もしかして、客からの要望?
お客が声を出して頼むことに抵抗を感じ、
声を出さずに注文できるように要望をした?

時代の流れか…
いつぞやの、新幹線に乗って出てくる回転寿司屋よりましだけどね。

観察していると
中にいる若いお兄さんやおねいさんは、
注文書と格闘しながら、出来上がって運ばれてきた寿司を必死で振り分けている。(苦笑)
これもなかなか大変そうだな…。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す!
banner_02_20080812001914.gif

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: 夜光虫さま

> こんばんわ。
おはようございます。

スシーダですか…やっぱり…(苦笑)
同感です。




こんばんわ。
畑違いのブログに訪問、ありがとうございました。
開いて吃驚、すぐに引き返されたのでは・・・と思いますwwwww。
それでも、覗いてくださった事に感謝もうしあげます^^;

早速こちらのブログ拝見させていただきました。
家の近所の回転寿司は、カウンターどころか奥の方で、
高校生のアルバイトがスシーダ?みたいな機械で作っているようですwww。
それでも、安さに引かれてか、結構お客が入っていますね^^;
嘗てのお寿司屋さんは、コミュニケーションの場でもあったのに、
今は、そういうことが疎まれる時代なのかな・・・と、少し寂しい気がします。

Re:片田舎動物病院 院長先生へ

声を出して注文し、声を出して「あいよ!」と応える。
「寿司文化」だったのに…

> 何事も社会経験(大げさかな)、
>多人数の中でも声を出すということ…

同感です!
些細なことかもしれませんが、
子供から大人への脱皮…社会儀礼というか通過というか
大人に向かって声を出すということは自己存在のアピ-ルです。
大げさかもしれませんが…。

何でも間でも消費者に迎合するなと言いたい(笑)

しかし、回転寿司の、あのベルトコンベアの上を
くるくる回っている寿司は一体何なのでしょうね(苦笑)




>

なるほど

確かに女性や子供は
声をかけての注文に抵抗があるようですね。

うちの子供も始めはもじもじしてましたが、
何事も社会経験(大げさかな)、
多人数の中でも声を出すということに慣れました。

Re: 那須の丘さまへ

同感です!…苦笑…

世の中、コミュニケーションがますます希薄になっていく…。

ここまできましたか

妙に複雑な心境ですね。
割り切れません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。