秘湯【鹿の谷】の巻

やっと見つけた秘湯鹿の谷

舘浦あざらしさんの本で知って、いつか必ず…と思っていた
鹿の谷】に入ってきました。
あざらしさんは「自分で探せ!」と言っていたのです(笑)

鹿の谷混浴湯
着替えるところは男女別なのに、
がらりと扉を開けたら、
「んッ!?」混浴だ!

じいちゃんとお兄さんが浸かっている。

うゎ~どうしよう…もうお金払っちゃったし…しばしためらう、間もなく六十路(苦笑)。

「ええぃッ、いいゃッ、入っちゃえッ」てなわけで
大判バスタオルに身を包み、
湯槽の近くに洗面器を引き寄せてそこへタオルを置き
まずは一番手前の浴槽、ナトリウム泉へ。

「熱い!」でも上がれない(笑)

隣の鉄鉱泉に浸かっているじいちゃんに聞いたら
「こっちはぬるいよ~~ぉ」と。
で、移動。
しばしよもやま話を。

その隣はカルシウム泉。お兄さんが足をつけている。
手を伸ばしてつけると「あっつゥ!」

こりゃだめだ!

「昨日はカルシウムの方はとてもぬるくていい塩梅だったんだよぉ~~」
と常連のじいちゃん。

天然の温泉はその時々に湯温が変動する。生きているから…

硫黄泉はどこ??
何も書いていないからわからない(苦笑)

4種類のお湯が楽しめるのだ。

バスタオルを巻いて、次は露天風呂へ

鹿の谷露天 

一人おじさんがいる。
まっいいかぁ…

衝立のあっちとこっちだ。
 F1001059.jpg
その方も実は舘浦あざらしさんの愛読者。
とても詳しくいろいろなところをご存じで、楽しくおしゃべり。
穴場をいろいろ教えてもらいました。ラッキー!


さて、帰ろうと脱衣場で着替えを始めたら
いきなり横の壁(扉だった)が開いてご婦人が上がってきた。

「んっ?!」なんだ、内湯あったのかぁ~~!
何も書いていないから全然気がつかなかったじゃないの。(苦笑)

で、そちらにももちろん入りました。
のんびりゆ~っくり、ね(。≖ฺ‿ฺ≖ฺ)
鹿の谷女内湯

温泉は大地の恵みです。(笑)

※画像はクリックで拡大できます

今、舘浦あざらしさんの「いい旅研究室 №11」で確認したら
鹿の谷の所在地が書いたありましたので
どこにあるのか書きますね。(笑)

上士幌町の幌加。十勝三股の手前です。

宿泊は素泊まりのみ、食料は持ち込んで自炊だそうですよ。



富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

> 露天風呂 大好きですが、混浴はちょっと勇気がいりますね。

決意するまで心臓バクバクです(苦笑)

露天風呂 大好きですが、混浴はちょっと勇気がいりますね。

あとみんさんの勇気に拍手! ポチ!

Re: とさを商店店主様へ

> おひさしぶりでございます

こちらの方こそ(笑)!


> 入梅しましたので、北海道が羨ましくなる季節です
梅雨ですか…。
羨ましがってくださいませ(笑)

Re: タイトルなし

> なんか、ほっこりしましたが……気のせい(笑)?

(笑) ほっこりのおすそ分けですかしらね?!

おひさしぶりでございます
入梅しましたので、北海道が羨ましくなる季節です

なんか、ほっこりしましたが……気のせい(笑)?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。